オペラ歌手のためのイタリア語翻訳講座

 

本講座は、オペラのアリアや合唱を歌う方を対象に、自らイタリア語を翻訳し演奏に活かせるよう、イタリア語の基本的な文法、また翻訳の仕方などについて学ぶ講座です。イタリア語を始めて学ぶ方、また改めてイタリア語の基礎を学びたい方等にお勧めの講座です。講座内の例文には全てオペラのアリアを用い、基礎を学びながらも、より実践に向けた内容となります。

 

本講座はオンラインで行われ、講座内容は記録されいつでも復習できる他、リアルタイムで参加出来なくても講座内容を学ぶことが出来ます。

 

 

【講座内容】

イタリア語の基本知識(品詞の種類とその役割について、動詞の変化や時制について、オペラでよく使われる文法について)や、翻訳の仕方等について学びます。

・取り上げる予定の曲目…ベッリーニ、ヴェルディ、プッチーニを始めとするイタリアオペラのアリア

 

【講座日程】

2024年5月23日、30日、6月6日、13日、20日/全5

いずれも木曜の10:00~11:30


《蝶々夫人》翻訳講座

 

本講座は、オペラ歌手、オペラ愛好家を対象に、プッチーニの《蝶々夫人》の翻訳を学んでいく講座です。《蝶々夫人》の中でも、特に主役の蝶々夫人とスズキ役に焦点を当て、蝶々さんがどのような台詞を言っているのか?また台詞にはないト書きにはどんなことが書かれているのか?それらのイタリア語を正確に翻訳しながら、また楽譜に書かれた音楽的意図についても解説していきます。

 

本講座はオンラインで行われ、講座内容は記録されいつでも復習できる他、リアルタイムで参加出来なくても講座内容を学ぶことが出来ます。

 

 

【講座内容】

G.プッチーニ作曲《蝶々夫人》の蝶々夫人とスズキに焦点を当てた台詞及びト書きの翻訳、並びにその音楽解説

 

【講座日程】

2024年5月20日、27日、6月3日、10日、17日/全5

いずれも月曜の19:00~20:30 


【受講料】

各7,500円/全5回分

※《蝶々夫人》講座を希望される方で、「オペラ歌手のためのイタリア語翻訳講座」で使用するイタリア語翻訳に関する基礎資料を希望される方は+1,000円にて販売いたします。

 

【定員】

各20名程度

 

【講師】

苫米地英一/指揮者、八王子オペラ代表

 

【協力】

ヴェルディ・プロジェクト・ジャパン 

 

 



《講師》

苫米地英一 ~プロフィール~

ヴェルディ生誕の地ブッセート歌劇場で《アイーダ》を指揮した他、これまでにマジェンタ歌劇場での《リゴレット》、フィオレンツォーラ歌劇場での《アイーダ》を始め、イタリア各地で《ナブッコ》《ラ・ボエーム》《道化師》《愛の妙薬》等のオペラやコンサートを指揮している他、ピアチェンツァ歌劇場合唱団、Corale G. Verdi di Pavia(パヴィア)、Coro Lirico San Filippo Neri(ヴェローナ)等のイタリアの合唱団を指揮している。日本国内でも《オテロ》《トロヴァトーレ》《マクベス》《トゥーランドット》《ノルマ》等20作品以上のイタリアオペラを指揮している。2023年にもイタリアでオペラを指揮する予定。第5回ルイージ・マンチネッリ国際オペラ指揮者コンクール(イタリア)ファイナリスト。ヴェルディ・プロジェクト・ジャパンにおいて、日本で初めてとなるヴェルディのオペラ全曲シリーズを企画する他、ヴェルディのオペラ等の作品に関する研究を行い、これまでにヴェルディの作品の誕生を描いた『ヴェルディ・レクイエム 誕生の秘密』『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密』(一粒書房)をそれぞれ執筆した。日本ヴェルディ協会理事。



八王子オペラ